アモ子のキャピキャピ・テケトーブログ パーミッションについて(1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パーミッションについて(1)

現在パーミッションは強いか?弱体化すべきか?
と、本スレやブログ、チャットで議論中
で、僕は自分の意見をまとめてみました。

パーミッションが強いと言われてるけど、それは水属性のカード、特にカウンター系に対しての意見ではないかな?
僕の狭い視野での偏見に満ちた意見は以下のとおりに。

■対戦しての体感

結構、僕はABCD対戦してる方だと思う。
データは取ってはいないけど、体感的に思ったのは

1.水属性を入れたデッキが多い
2.勝つデッキに水属性入りが多い
3.ビートダウンが量より質重視


1.水属性を入れたデッキが多い

デッキタイプを2種類に分けるとしたら、「ビートダウン」と「コントロール」になるわけだが、
大抵のコントロールには水属性が絡んでいると思う。
そして、上手い人ほど水を絡めたデッキを使用する率が高い。

2.勝つデッキに水属性入りが多い

これまた、個人的なことですが、僕はアクアプレスを2種類もってまして
勝率は8割と6割くらいのデッキかな?

そして、僕が好んで使うのがバーンとビートダウンだからかもしれませんが、
負けるときは大抵、相手が水入りコントロールな気がする。

3.ビートダウンが量より質重視

新クリスタルの【白黒死亡水晶】と損害水晶系の影響もあるけど、クリーチャーは量より質のデッキが多くなってきた。
まあ、もともとそうかもしれんが。 (--;

で、【対抗呪文】【呪文遮断】【魔の三角地帯】をそれぞれ4枚積みなら最低12体のクリーチャーを除去することが出来る。
対してビートダウンでクリーチャーが12体以下のデッキは結構あるわけで、その辺もパーミッション有利な要因かもしれない。


■水がなぜ強い(と言われる)かの理由を考える

1.パーミッション(水)が主導権を握っている
2.水に対抗すべき風に魅力がない
3.パーミッションを好む人ほど上手い


1.パーミッション(水)が主導権を握っている

パーミッションとは”許可”という意味だけど、
その名の通りパーミッションは相手の詠唱を消すか消さないかの選択肢を握っているので
対戦相手はパーミッションの許可を得て場にカードが出せる。

つまり、場に出る前の状態から主導権を握ってることになる。


2.水に対抗すべき風に魅力がない

僕個人の意見としてはTCGにはジャンケン要素があっていいと思ってる。
むしろどのゲームでもジャンケン要素がないゲームはパワーゲームに成り下がるだけ。

ただ、例え”グー”でも実力と運次第で”パー”に勝てる時があればいい。

そして現在、水属性(パー)が強いと言われる要因の一つに天敵であるべき風属性(チョキ)の弱さがあると思う。

SE時代は風が最強だった記憶がある。竜巻巨人+超進化はなかなかに強力だった。
だが、風の環境はSE時代からそれほど変わっていない。

UAで追加された使えるカードはクリーチャー数種と【再構築Lite】ぐらいではないかな?
そして、現在使われてる風単デッキは

・選べるクリーチャーが増えたが超進化頼みのホード
・SE時代から変化がないストンピィ
・強力になった再構築デッキ

の3種類が大半となる。

あまり変わってないですよねSE時代と。
他の属性は元々あったデッキは強化され、種類も増えた。
光は化身の登場で補助的属性という役割で力を発揮する。

乱暴な言い方かもしれないけど、UA時代に入って

風は弱点が増えただけで、使ってもSE時代と同じ感覚になるので魅力がなくなった。
強さは同じだとしても、使用する楽しみが他属性より低い。

水属性(主にカウンタースペル)への抑止力となるべき風がこのままだと、
カウンタースペルは入れて損にならない→水属性は強い
の状況は変わらない。

3.パーミッションを好む人ほど上手い

偏見かもしれないけど、パーミッションで勝つにはテクニックがいる。
相手のデッキタイプを読み、どのカードを消してどのカードを通すかの取捨選択、この辺は上手くないと出来ないことだと。
そのため

上手い人がパーミッションを使う
    ↓
上手い人は勝つ
    ↓
パーミッションは強いと感じる

ってな流れになる気がする。

■修正案

パーミッションが強いとしても、弱体化は反対。
現時点のカウンタースペル群のコストはバランスがいいと思う。
僕の案は以下の通り。

1.【呪文遮断】のコストを上げる
2.風属性の強化
3.カウンタースペルへのカウンターを作る


1.【呪文遮断】のコストを上げる

どうしてもカウンタースペルを弱体化させるなら
【呪文遮断】を6(水水水)か7(水水)くらいでいいのでは?

そうすれば、やや使用率の低い【多段対抗呪文】出番が増えるだろうし。

2.風属性の強化

風を多少強化して、使用率を上げれば
カウンタースペルのデッキ投入率が下がると思う。
案としては
・幾つかのクリーチャーにファストキャストで[0f召還]をつける
・カウンター対象にならないカードを作る。

3.カウンタースペルへのカウンターを作る

水属性相手に何かを詠唱するのはカウンタースペルで消される可能性があり、消す側に比べリスクが大きい。
カウンタースペルを使う相手にもカウンターできればリスクは等しい方向へ行くと思うので、以下のカードを妄想。

①「このカードが手札の中にあり、あなたの呪文が打ち消された場合、対戦相手に4点のダメージを与える。
その後、このカードをゲームから取り除く」
②LandSpell 3(風) 0f
「このカードが場にあるときに、あなたの呪文が打ち消された場合、このカードを変わりに墓場へ送る」


まあ、僕がパーミッションが強いと感じてるのは未熟だからかもしれないけど。
  1. 2006/11/26(日) 03:35:08|
  2. ABCD雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パーミッションについて(2) | ホーム | 4MP帯クリーチャー考察 炎編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://amoabcd.blog56.fc2.com/tb.php/26-646c0f6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。