アモ子のキャピキャピ・テケトーブログ ABCDでギャ○ゲー ~攻略・青春編-前編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ABCDでギャ○ゲー ~攻略・青春編-前編~

前回、あれだけ痛い記事にもかかわらず再び当ブログへ来てくださった方、ありがとうございます。
あなたはとても広い心の持ち主ですね。
目の前でパチンコ頭の友人が殺されても、スーパー化せずに笑顔でオカマ口調の人と握手ができる程に広いと思います。

*****************************

■■目次■■

妄想・キャラ紹介編

攻略・青春編-前編(ココ)

攻略・青春編-後編

告白・エンディング編

*****************************

■攻略・青春編-前編

○槍兵さんの巻 
  ~デレ化した彼女の意外な一面~

 彼女の目の前で、トラックに轢かれそうな子供を3回転半で無事救出!!
 ドラマチックな離れ技で彼女のハートを見事にGETした主人公ジョー君。

 今日は初デート。
 そして、彼の目の前には彼女の手作りのお弁当が。

「俺もう、死んでもいい」
 悔し涙以外の涙を初めて流すジョー君。
 出会った頃は槍の『柄の方』で鼻血がでるほど殴られてた過去が嘘のようだ。

「とても、おいしいよ槍兵さん。」
「そんな恥ずかしいわ」
「だって、本当に美味しいんだよ。料理が凄く上手なんだね」
「もーー、ヤダ。恥ずかしいすぎる!!」
グサッ
「え?」
グサッ
「私、本当は恥ずかしがりやなのよ。これ以上困らせないで」
グサッ、グサッ、グサッ

 ジョー君の腹部にはすでに5ヶ所、槍の『先の方』で刺された傷が・・・。

「い、いきなり死亡エンド!?」


○音速猫さんの巻
  ~百万ボルトの瞳~

 前回、死に掛けていたところを偶然通りがかった用務員の「オヤッさん」に助けられたジョー君。
 その彼は今、自分で自分に問いかけていた。

 彼女の名前は何だっけ?
―――音速猫ちゃんだよ

 もし、好意を持っている彼女と目が合ったらどう思う?
―――嬉しいじゃないか♪。

 そこが薄暗い場所だったらどうする?
―――おいおい、何する気だよ(笑)

 その女の子の目が暗いのに光っていたらどう?
―――輝いている瞳サイコ~♪

 さらにその子が食事中だったらどうだろう?
―――食欲旺盛、それも素敵な美点だよ

 その足元に誰か倒れていたら?
―――なんで?介抱しているとか?

 その人が【タキタロウ】先輩だったら?
 別に言い方をすると『魚類』
 彼女『猫科』
 ○△×□※○△×□※?
 $Ωαβ!?$Ωαβ!?

 思考の無限ループへと落ちているジョー君の肩を「ポン」と誰かが叩いた。

「お、オヤッさん!?」
「坊主、女ってなぁ、カワイイが時に残酷な生き物なんだよ」
「で、でもでも・・・・」
「まあ、ラーメンでも食いに行こうや。
 俺の奢りだ」
「オヤッさん(涙)」

 時には目をそむけ、嫌なことは忘れる。
 ジョー君は一つ大人になった。


○護巫女さんの巻
  ~黄金の三角関係~

「あなたの熱意には負けましたわ」
 客観的に無謀とも見えるチャレンジを続けてきたジョー君。
 ついに護巫女さんの心を開く事ができた。

「ただ、付き合うには条件がありますわ」
「え?何かな。浮気だったら絶対にしないよ」
「いえ、違いますわ」
 そう言って彼女は懐から何かを取り出した。
 それは大型のサバイバルナイフだった。

「私、体毛がある男性ですと萌えないんですの。
とりあえず、その帽子の下の毛とズボンの中の毛を全部これで削いでしまいましょう♪」
 凶々しく光るナイフを見ながらジョー君の脳内天秤では

可愛い彼女
  VS
いきなりハゲ+ひょっとしたら生命の危機
    ・
    ・
    ・
チーン♪

「身の程知らずでスミマセンデシタ~」
 ジョー君はアクティブダッシュで逃げ出した。


○ヴァルキリーさんの巻
  ~君の瞳が全てを語る~
 外国育ちの為に、言葉があまり通じない彼女へ
大げさなジェスチャーを交えながら告白したジョー君。

そして、彼女の答えた返事が
「お前が私を好きになろうとも、
私の代わりがお前を好きになるだろう。
それを忘れるな。」
そう言って去っていった。
  ・
  ・
  ・
「OKって意味かな?」
「いや、違うじゃろ」
 通りがかったオヤッさんにツッコまれた。


○空歩兵さんの巻
  ~孤独な君を癒そう~

「先輩、おはようございま~~す!!」
 スピーカーを片手に○翼顔負けの大声量で空へ向かって叫ぶジョー君。
 なにせ次の狙いの空歩兵先輩は、常に上空200m付近に漂っているからだ。

「チッ、今までこんなに綺麗な先輩の存在を知らなかったとは不覚だった」
 先日、オヤッさんから500円で買った「ペンギンと戯れる空歩兵先輩」の写真を見ながら呟いた。

 まずは、会話しなければ。
「よかったら、僕とお話しませんか~~~~~~!!」
 返事がない。

「踊りま~す」
 踊ってみた。反応はない。
 MPも減っていないようだ。

「【速度制限機械】のモノマネします。」
速度超過ハ、許シマヘンデー!
 反応がない。悲しくなった。

 しばらく眺めてみる。
 あ、先輩のパシリがカレーパンと牛乳をもって飛んでいった。

 さらに眺めてみる。
「高嶺の花ってやつか・・・・」

*****************************

あまりのくだらなさに溜息ついた人に朗報!
攻略・青春編-後編へ続く



  1. 2006/08/09(水) 22:58:09|
  2. ABCD雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ABCDでギャ○ゲー ~攻略・青春編-後編~ | ホーム | ABCDでギャ○ゲー ~妄想・キャラ紹介編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://amoabcd.blog56.fc2.com/tb.php/13-adc5fee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。