アモ子のキャピキャピ・テケトーブログ 2006年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デッキサンプル - 追撃ストンピィ・クリスタル8枚

■デッキサンプル - 追撃ストンピィ・クリスタル8枚

チャットで何度か会話に出た追撃ストンピィ・クリスタル8枚のサンプル。
僕はAMDさんに教わりました。記事にする許可ありがとうございます。

クリスタル8枚だと事故率は確かに高めだが、[招風]のおかげで通常のデッキほどは酷くならない。
初手に招風、クリスタル1枚あれば、ほぼ問題なく回る。
さらに[宝石鑑定人]があれば尚良し。

戦い方はとりあえず、数の暴力で勝つ!民主的に勝つ!
序盤、クリーチャーはガード役に徹し捨て駒扱い。
[繁殖地][追撃風]が場に出たら攻勢に転じ数で押しつぶす。

苦手なタイプが多く、「勝ちやすく、負けやすい」デッキだけど上手く回った時の爽快感がたまらない。

--------------------------

[ver1.82]

Crystal - 8
8 風のクリスタル

Summon - 21
3 宝石鑑定人
3 ノコギリクワガタ
4 胡散臭いビッグフット
3 飛行子猫
3 緑の小人
3 音速猫
2 宝石収集人

Sorcery - 5
3 招風
2 図書館の掟

LandSpell - 6
3 繁殖地
3 追撃風

--------------------------

■問題点
・苦手な相手

[怪人マッド・ガッサー]、これは一番最悪かもしれない。
場に出されたら即ギブアップを勧める。

光を入れたフィールドロック系のデッキ相手の時、[平和な世界]は追撃風で何とかなるとして、[専守防衛][説得]はきついだろう。
相手がフィールドロック系だと判断したらターン終了時にクリーチャーが場に出るようタイミングを取ること。

貫通持ちクリーチャーも苦手な部類に入る。

そして、ver1.81の新カード[燃え豚][灼熱波動]。繁殖地が出てない状況だと数の優位性がなくなってしまう。

・クリーチャー
クリーチャーは僕の趣味でやや適当に選別したが、3~4MP帯のクリーチャーだけのほうが使いやすい。
[戦乙女]が相性いいかもしれないが、AMDさん曰く「出せる機会が少ない」そうです。
除去機能のある[速度制限機械]や2/2の[緑の子鬼]を入れると違った味のデッキに仕上がるかもしれない。

・ランドスペル
僕の好みで[追撃風]にしたが、AMDさんのデッキは[風破円陣]でした。
これにすると、若干タイプが変わり相手クリーチャーと相打ちしてフィールドを制するスタイルになります。
その場合は先手持ちの[音速猫]を4枚投入で。

※ver1.82導入により、[弐周目]を[図書館の掟]に変更。


AMDさん、このデッキ教えてくださってありがと~。
現在はほぼ毎回つかって楽しんでいます。
感謝☆

  1. 2006/12/08(金) 12:00:00|
  2. デッキ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。